切開法とは

綺麗な顔立ち

二重整形には、切開法と埋没法があります。なかでも切開法は、「よりパッチリした目元に仕上げたい」と考える人にぴったりな整形治療です。
自分が希望するラインに沿ってまぶたをカットすることで、その通りの目元が手に入ります。埋没法と比べて費用は高めとなっており、「手を出しづらい」と考える人もいるかもしれません。しかし切開法は1回治療を受ければ、その後は永久的にその状態をキープすることが可能です。したがって、この先も二重整形を受け続けて理想の目元をキープしたいと考えているのであれば、最初から切開法を選択したほうが費用的にお得といえます。

そんな切開法は、一重の人におすすめの整形治療です。一重の場合、二重の人と比べてまぶたの脂肪は多めとなっています。まぶたに脂肪が多いと、治療法によってはうまく二重がつくれないことがあります。この点、切開法ならまぶたをメスでカットするため、なかにある脂肪を取り除き、厚みのないすっきりした目元に仕上げることができるのです。
切開法を利用するのであれば、多少費用負担は大きくなっても、必ず信頼できる医師に担当してもらう必要があります。肌を切開することになるため、それだけ負担は大きく、腕の悪い医師だと負担はより大きくなってしまいます。安心・安全に治療を受けるためにも、美容外科選びが大切になります。

どういった人に切開法が向いているのかというと、”平行型の二重”を希望する人があげられます。
平行型とは、目と二重のラインがきれいに一定になっている目元のことをいいます。日本人よりも外国人に多いタイプで、派手なアイメイクもきれいにキマる目元だといえます。すっぴんでも人を惹きつけるような目力があり、ラインの幅が変わるだけで印象が変わるという点も特徴のひとつです。
よりパッチリ大きな目にしたいのであれば、ラインの幅は広めにとるのがおすすめです。対して、パッチリしつつも大人っぽく見せたいというのであれば、ラインの幅は狭めにとるのがおすすめです。
このように自分の希望に合わせて幅を決めることができますが、目を大きく見せたいからといって過剰にラインを広めにとるのはあまり望ましくないといえます。カウンセリングの際に、医師としっかり相談して決めるのがおすすめです。その際は、自分のなかで描くイメージがしっかり伝わるように、具体的に説明していきましょう。そうすれば、費用に見合った、理想どおりの目元に近付けることができます。